テーマ:1人1台端末時代におけるICTを活用したこれからの体育授業の在り方

 テーマ設定の趣旨

 2022(令和4)年度より、高等学校の学習指導要領が年次進行で実施となり、すべての校種において新学習指導要領が全面実施となる。新学習指導要領によって教育を受けている現在の児童生徒が、社会の担い手の中心となるSociety 5.0の社会では、IoT(Internet of Things)で全ての人とモノがつながり、様々な知識や情報が共有され、今までにない新たな価値を生み出していくような時代である。そういった背景も踏まえ、新学習指導要領では、その内容の取扱いにおける配慮事項の一つとして「情報手段の積極的な活用」や「情報能力の育成」が示され、その一つとしてICTの活用が挙げられている。

また、1人1台端末と通信ネットワーク環境の整備により個別最適化された教育環境を実現することや、これまでの教育実践と最先端のベストミックスを図ることにより児童生徒の力を最大限に引き出すことを目的とした「ギガスクール構想」が前倒しされ、小学校及び中学校においては1人1台端末が配布された。

 さらに、学校現場では、コロナ禍における対応に伴って、オンラインを使用した授業展開を迫られたり、アプリケーション、各種ソフトを活用した教材提供や課題の収集が行われたりしたことにより、ICT機器の利活用や効果的な使用方法への関心が高まっている状況にある。

これまでも、体育授業においては、例えば器械運動において、タブレットで撮影した自分の姿を観て課題を把握したり、手本の動画と比較したり、遅延装置を用いて即時的に自分の姿を確認したりといった事が取り入れられてきた。しかし、1人1台端末となった今、どのような場面で、どのように使用すると効果的なのか、どのような利用方法があるのか、先駆的な実践事例を共有することには大変意義があることである。一方で、ICT機器はあくまで一つのツールであって、万能ではなく、これまでの授業実践との融合が求められる。

 そこで第27回大会では、これまでの教育実践と最先端のベストミックスを図る手がかりを得るために「1人1台端末時代におけるICTを活用したこれからの体育授業の在り方」をテーマとして設定した。

タイムスケジュール

2022年6月26日(日)9:00-12:00

時間内容
9:00〜9:15シンポジウムの趣旨説明
9:15〜9:35演者①岩佐知美先生(大阪府高槻市立阿武野中学校)
9:35〜9:55演者②内海久先生(北海道教育庁学校教育局)
9:55〜10:15演者③村瀬浩二先生(和歌山大学)
10:15〜10:35休憩
10:35〜10:50指定討論者より岩田靖先生(信州大学)
10:50〜11:50質疑応答
11:50〜12:00総括
12:00〜12:10閉会行事

司会進行:

三田部勇(前半:趣旨説明・演者紹介・話の内容の整理、総括)

近藤智靖(後半:指定討論者との議論進行、フロアとの協議)

荻原朋子(記録)

お気軽にお問い合わせください。Mail Form Only

お問い合わせ